2007年01月

レンジャーバトン☆

何と鴨野様から頂いちゃいました!
スペ以外からバトンが回ってきたの初めてよ(笑)
ありがとうございます?答えさせていただきますねvv

ていうか俺緑かYO!(笑)
何かオフでもオンでも僕のイメージは緑なんですか、そうですか(?ω?)


●始まりの合図
「うぉりゃぁああああああ!!!!」
?いきなり殴りこみ?!(笑)


●身長は?
いごな(157)
いなご(175)だったらゴロが良かったのに…(無茶いうな)


●身長に比べて体重は重いと思いますか?
普通…なんじゃないですかね?
あれよ、体重÷身長(m)÷身長(m)では普通でしたよ確か(しつこい)


●体型はどうでしょうか?
最悪でも現状維持でお願いします;;
お腹周りと太ももはもう少し引き締まって欲しい所


●髪型はどうですか?また好きな髪型は?
セミロング?いや、髪の毛めっさ梳いてるから微妙…
ストレートにしたいけどくせっ毛満々(苦笑)


●好きな髪型?
クセ毛さえ何とかなればね(苦笑)


●目について語って下さい
一重、でも時々奥二重になるから困り者…(しかも決まって片方だけとか)
あと一重のクセにどうやら左右で若干大きさ違うらしい…
コンタクトの入り方が全然違う(真顔)


●顔についてどう思いますか?
どうなんですかね?(えっ)


●誰に似てると思いますか?
そういう風に言われたこと無い…(のーん)
母様曰く、平安美人らしいよ(俺の顔はそんなに古いのか)


●好みのモノをたくさんあげて下さい
スペ・マンキン・鋼・アリス・Holic・NAR○TO等々(漫画だけかYO)


●嫌いなモノをたくさんあげて下さい
香りのきっついもん、辛いもん、おきっぱ、食材放置、ぬれっぱ(寮生活の不満かYO)


●涙を流す(流しそうになるもの)は?
辛いこと、嬉しいこと、痛いこと
基本涙もろくはないのよ


●自分の心に響いた曲は?
最近では「逆さまの蝶」かな?


●1日で1番好きな時間は?
お風呂か飯食ってる時かな?最近そんな時しかゆっくりしてない…orz


●自分はどんな人に見えると思いますか?
変人(えっ)ていうか多分変わってる人だとは思われてるよ、うん
あと妙に真面目くさい感じは絶対思われてる
これでもどうでもいいことにはかなりアバウトになる人間なのよ一応


●さぁ、このバトンを受け取る7レンジャー!!(イメージ)

レッド→岩瀬奏様(だってルビーだもん←えっ)
ブルー→白鴉様(お姉さまなんですよイメージが)
イエロー→橙樹陸様(明るく元気な感じ)
グリーン→織宮楓様(ほんわかなごませる感じ)
ピンク→茶菓様(だってだってだって!←何?!)
ブラック→ウィズ様(シルバーやゴーのイメージ強し←はっ?)
ホワイト→皐稚夜子様(女の子キャラがめさ可愛らしい)



一応形だけ回してみた(苦笑)
見つけてくれた方はどうぞww

ここかなり放置されてるからいつ見つかるか心配ですが…(…)





+癒し度チェック+

癒し系度チェック 

↓の記事と同じく某所でやっておられた占いですた
結果は以下の通り


癒し系度40%

あなたはそんなに「癒し系」ではなく、凡人レベルといえそう。
どちらかといえば、そばにいる「癒し系」の人に「癒されている」人かも知れませんね。
身近にいる「癒し系」を見習えば、あなたに新たな魅力が加わることとなるでしょう。
そのための努力を惜しまず発揮してくださいね。

あなたの癒し度アップアイテム:手作り弁当

ほのぼの度  26%
天然度  52%
なごませ度  100%
癒されない度  0%



…正直微妙(苦笑)
大体癒される側のクセになしてなごませ度は100%なんだ(笑)
ていうか意外に…天然度高っ!!

そして僕は実家から学校通ってる間は自分で弁当作ってたぞ?
今更手作り弁当なのかYO!ノシノシ
…そりゃ今は作ってないけどさ(ブツブツ)


@真実の性格占い@

真実の性格占い


またまた結果だけ見て放置していたヤツです(苦笑)
時期的に忙しかったのよ…orz
これも某所で発見したヤツですね

結果がコチラ↓↓



おまえってホント、自分勝手だよな?!!
いや、根はいい奴だと思うぜ?
裏表はないし、言いたいことは正直にズバズバ言うし、行動力もあるしな!!
だけど、その自分でやりたいことだけしかやらない点は、どうにかできないのか?
興味がそそられれば、ドカドカと突き進んでいくくせに、熱が醒めれば一気にポイッと見向きもしなくなるなんて、捨てられた奴が可哀想だぜ。
「熱しやすくて、醒めやすい」っていうのは、おまえのために存在するような言葉だぜ。
それに思ったことをなんでも言うのはいいんだけど、ちょっと毒舌すぎやしないか?
いや、オレもそうだから、あんまり人のことは言えないんだけどさ。
おまえのちょっとしたひとことで、泣いてる奴もいるんだぜ?
おたがい、敵を作らないように、適当にやっていこうぜ!!




何か当たり外れ半々って感じですかね(苦笑)
前半と後半はまぁ当たってると思うんですが、中盤はちょっと違うかな…?
僕そんな冷めたりしませんて
好きになったジャンルに対する愛は消えませんとも!

…ってそうなると、半々じゃなくて3分の2じゃん!(爆)


本日から日記の体制が変わります

本日をもって、この日記は「制作日記」となりました
具体的にどういう事かといいますと、要はオフとかの内容は一切書かない、本当の意味でサイト用の日記にするということです


書く内容としましては
・作品更新時にその作品について語る
・オリジ・その他微妙に扱ってるサブジャンルについて語る
・バトンの返答
・占い結果の公開
・本館の一言メル返信
・ラクガキ投稿

というのが主になります


オフの事は書かないという事で、今までとは比べ物にならないくらい更新頻度は低くなります(汗)
しかし、今現在のオフでの生活状況、また今までのオンでの活動状況を総合して判断しまして
今後計画的な作品の創作をしていくためには、日記に掛ける時間をなるべく減らすことが必要だなという決断をせざるを得なかったからです
まぁ実を言うとそれだけではないのですが…(¬¬;)



オフに関する日記は、本日設置した「写メ日記」でやっていこうと思います
携帯からちまちま送ることで、生存報告をしようかと思います
文章ばっかりになるか写真ばっかりになるかは、まだ分かりません(苦笑)
何せまだやった事のない領域なので(^^;)
毎日とはいかなくても、週に3、4度くらいはやっていこうかなと思っております

ちなみに、この写メ日記は別館とも兼用なので別館のネタが混じることもあるかもしれませんがご了承下さいませ
流石に写メ日記まで分ける気力は起きなかった…
逆に言えば本館のネタが混じることもあるので、まぁ正直やってみないと分からないという感じなのですが(苦笑)



果てさて、日記の体制が変わり、今後どうなっていくのかは分かりませんが
少なくともバトンの返答や占い消化でまた近日現れると思われますので(苦笑)

今年一年は創作にもう少し力を入れていきたいなと思っております
いつになるかは分かりませんが、今年中にオリジの新作の連載を始めたいと思っておりますので


私にとっての創作

…何か作文みたいだな(笑)まぁええや


まず僕が創作という行為を始めたのがいつかというと、確か小学校5年生の時ですね
記憶力悪いのによくもまぁこんなにはっきりと覚えてるわ(笑)
最初に描き始めたのが、やはり漫画でしたね
あんなの漫画なんて言えるレベルじゃなかったですけどね!(笑)
よくもあんなのを描いてたなと、今更笑い話になるばかりですよww
画力もさながら、(まぁ経験不足という年齢的部分もあったので致し方ない点はありましたが)話がすっごく単調で
何とも中身のない展開だったことか(^^;)
ただ、この頃から書く話は長編でしたね
この頃に始めた長編が、実はポケ○ンだったりするのですが(爆)
諸事情あって、ただ今5巻で止まってます(笑)
長すぎるんだよお前ww


その後もまぁ色んな話(こちらはオリジナル)を思いついては、ネタとしてノートに書き込んで、また浮かんだら書き込んでを繰り返し、それから幾ばくか経った頃…
確かなキッカケっていうのは覚えてないのですが、話を作るに当たって「中身」を持ちたいなと思った瞬間が出てきたんです
恐らくsp(正式名称の略、此処ではこれで説明します)を思いついたのがキッカケだったと思うのですが…
その頃マンキンにはまっていたこともあり、霊とかに興味があったのかもです
あとその当時デビチルにはまっていたこともあり、こういう服とかいいな?みたいなコトを考えたり
それで自分なりの設定をこさえたんですよね
ただ此処までは今までのネタ出しとさほど変わらずだったんです

それからそんなに経たなかった時かな?
夢で、その話の最終話(つか最終章かな?)を見たんですよ
それでね

泣いちゃったわけです

そんな展開は自分の中で全然なくって、でも夢でそれを見たって事はどこかにそういうのがあったのかもしれなくって
ただ悲しいという思いと同時に、そういう発想もあるんだなと感じた訳です
ハッピーエンドではないけど、決してバッドエンドではない
幸せ不幸せじゃなく、別の所に視点を向けた世界って、あるんだなって
漠然とそう感じたんです
一見まるで意味のない展開だけれど、遠い目で見れば何かを訴えてる
そんなストーリーの作り方もあるなって



正直それが僕の創作の転機だったですね
ただ主人公が誰かを好きになり、誰かに好かれたりする恋愛漫画
目的を果たす為にひたすら戦っていく冒険物
ギャグとかネタにばっかり走ったギャグマンガ
そういう単調としたものを求めなくなったんです

何でかって言うのはまた難しいですが…
要するに、典型的な枠に入るようなストーリーは、正直誰にでもかけるんじゃないかなって思ったんです
キャラの名前が違ったり、生い立ちが違ったり、関係性が違ったり
たったそれだけで、結局根本的には同じ物って世の中に溢れてるんじゃないかなって思ったんです
そんなこと言ったら世の漫画家さんに殺されそうですが…(ガクガク)

ただ枠は一緒でも、その中身にどれだけの力を注げるかっていう所に、作家としての力量を問われると思うのですが…

要はそれと同じですね
どうせ創るなら、他の誰にも真似出来ない、自分だけのストーリーを作りたいなっていう思いが湧いたわけです
そこから、僕の創作は本当の意味で自分だけの世界観というものを形作り始めた訳です

こういう思いを持ち始めた頃から、作品に対して好き嫌いが強くなった気がします
すっごい単調で先の見える話には全然食いつかなくなりましたし、ギャグだけで中身のない話とかには見向きもしなくなりました
自分の、自分だけの世界観を活かしている作家さんに強い憧れを抱き始めていた訳です
勿論、この頃キャラ萌えの思考も作られてしまったので、それではまることも少なくはなかったですが(苦笑)
でも、少なくともストーリー性に乏しい作品に関しては全く受け付けなくなったのは事実ですね

…ってそれだけで作品を全部選んではないですけどね;;
作品の中身に対する尊敬と同時に、作品の表現力に対する尊敬もあったので、描き方とかがスゴク上手いヒトには、そりゃあもう惹かれましたとも
それで更に作品の内容がすごく凝ってて素敵なヒトにはキュンキュンしますけど(笑)



まぁそんな感じで、作品を作るという行為に少し重みを持つようになって、いよいよ形にしたいなと思ったときです
サイト周りとかもし始めたその当時、自分で作った作品をサイトに上げるっていいなって思ったんです
そこで制作に踏み切った訳ですが、その時は上手く出来ずに撃沈
そこで受験シーズンが来てしまい、仕方なくその目標を一度手放しました
受験が終わった頃かな?終わる前だったっけ?
その近辺だったと思うのですが、大好きなサイト様が閉鎖されてしまうという事が起こりました
僕が初めて書き込みをしたりメールを送らせてもらったサイト様だけあって、辛かったですね…
何かその反動なのか、はたまた何かを思ったのか
もう一度サイトを作ってみようと思った訳です
タグの理解から勉強を始め、作り上げたのが今から約3年前でしょうか
サイトを作ったのはそんな感じな経緯だったと思います


此処で出てくるのが何で創作が小説だったのか
ぶっちゃけた話、特別な道具が何も要らなかったからです(苦笑)
絵をサイトにあげるとなると、スキャナやらペンタブやら何やら要りますし
あと画像処理ソフトとかも必要ですよね
そんな環境が整ってなかったので、まずキーボードさえ使えれば出来るという小説をし始めたんです

最初はワードで、上で話したspを打ち始めたんですよね
ただこれが保存していたCD?Rが壊れるという事態が発生し、また最初の頃保存してたフロッピーも駄目になってしまい、中身がパァになるという事件が発生したんですよ
これかなりショックで…;;

で、次にどうしたかって言うのが、その当時盛んにやってたぱどタ○ンで使い始めたマイプロフィール(現:ドリコムブログ、ぶっちゃけこのブログの元です(笑))に「宝石の導き」を作成しはじめたんです
この話はspの大分後、その当時一番新しいネタだったんですが
コレを選んだのは、パラレルの中で一番まともっていうか現実離れしてない話だったからです
魔法とか超能力とか、そういった類のものがないという意味ですよ?(苦笑)
そして、話の筋が頭の中にあって完成させられるだろうという期待があったからです

この頃の僕の特徴としては、考え付く話が皆スケールのデカイものばっかりで、そもそも完成させるのが難しいよねっていうのばっかりだったんですよ(苦笑)
なので、時間と労力と作品制作に掛けられる時間から考えてまず無理だとなって、ネタだけ放置の状態が続いていたわけで…
なので久々に完成に向けての創作をし始めたんですよね
…結局この「宝石の導き」完成に3年か4年かかってますけど(笑)
しかもこの半分は実は3ヶ月かそこらで書いてるとかいう意味不明な話(爆)
一応完成させたのでいいんですけど…
(「宝石の導き」はオリジサイトに掲載中)
でも正直めっさ書き直したい衝動に駆られます、今読むと(苦笑)
へたっぴだなって物凄く思うww



じゃあなんでそこまでして小説にこだわるのか
まぁぶっちゃけ自分の絵じゃ駄目だなっていうのはありますけど(笑)
根本的には、「日本語の可能性」を自分が何処まで試せるかな?って思ったからですね
表現の仕方とか、語彙の豊富さとか、ものの考え方とか、当て字とか特別に読ませる読み仮名とか
そういう日本にしかない素晴らしさに惹かれていたんです

だからまぁ、何だ、表向き絵が下手だとか限界見出したからだとか言ってますが(苦笑)
(ぶっちゃけ嘘ではないですけどね;;)
一応、「小説を書く」「ストーリーを創作する」っていう行為には物凄く思い入れと心構えみたいなのを持っております
それでやっていきたいって、本気で思ってる訳ですよ
なので、もっともっと文学作品や色んな文章に触れるべきなんでしょうけど;;
今のところかなり独学です、そこまで本は読んじゃいねぇ(苦笑)
ライトノベルはただ楽しんで読んでるだけですし…



今の自分の中には、「自分にしかないもの」「自分にしか出来ないもの」をやっていきたいなというのが本音です
ゴールには辿り着いていないので、これからもずっと模索し続けますが

なのでまぁ、言いたい事は表向きはぐらかしたりそんなことないと否定したりしてはいますが、自分の作品に対する思いは強いです
一つ一つ何か意味を持たせたいと思って書いております
だからこそ長ったらしく重い文章になるんですけど;;
でも、それが僕の色だなと思って、これからも創作活動をしていきたいなと思っている訳です


…すっごく長くなった;;
これでも大分はしょったつもりなんだけどな(苦笑)
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ